夫の年収によって変わる専業主婦の即日カードローン利用

専業主婦のカードローン基礎知識:夫の年収との関係について

急にお金が必要になったとか、当座の生活費のやりくりなどでお金を借りる場合には、カードローンはとても役に立ちます。
しかし専業主婦がカードローンを申し込む場合には、自分の収入がないため、夫の名義で申し込むことになります。

 

ただし、消費者金融で申し込む場合には注意が必要ですなぜかといいますと、消費者金融には総量規制があります。
この総量規制というのは、現行の貸金業法で定められているもので、年収の3分の1を限度額とするものです。
ですから、たとえば年収が600万円の場合、200万円以上を借りるということはできません。

 

それから、複数の消費者金融を利用していて、借入総額が年収の3分の1を超えた場合は、それ以上の借入ができません。
また、専業主婦が夫名義で借り入れる場合は、夫の借入限度額がその分狭まることになります。

 

ですから、申込の際には、夫の同意が必要になります。
このため、消費者金融を利用する場合は、夫に内緒で申し込むということが不可能になります。
しかし、家族に内緒でカードローンを利用したいという時もあるものです。

 

そのような場合は、総量規制対象外の消費者金融のカードローンを利用することをお勧めします。
また、銀行のカードローンを利用するという方法もあります。
銀行は消費者金融と違い、貸金業法ではなく銀行法の適用を受けるため、総量規制そのものが存在しないからです。
また銀行のカードローンは、50万円までの金額であれば、審査にも通りやすくとても便利です。

 

 

専業主婦が内緒で借りる方法はコチラ