専業主婦が即日カードローンを利用するための必要書類

専業主婦のカードローン基礎知識:必要書類一覧

以前とは違い、現在では専業主婦がお金を借りることは難しくなっています。
その理由は総量規制です。

 

これは2010年から施行されたもので、個人への無担保の貸付は年収の3分の1までとするというものです。
総量規制施行以前は専業主婦でも特に問題なく消費者金融でカードローンを利用できたのですが、それ以降は実質的に不可能になっています。
専業主婦は働いていないので年収はゼロです。

 

ですから年収の3分の1もゼロになり、その結果借りることが出来る金額もゼロになってしまうのです。
しかし、専業主婦でもお金を借りることが出来る方法が一つあります。

 

それは配偶者貸付制度です。
配偶者貸付とは総量規制の中の例外事項であり、配偶者の年収を合算して、その合計の3分の1までならお金を借りても良いというものです。
ただし、これには条件があり、提出する必要書類の数が通常よりも多くなっています。

 

まずは、本人確認書類です。
次に、配偶者であることを証明する書類です。
例えば住民票や戸籍謄本などです。
そして、配偶者の収入証明書です。

 

これは所得証明書や源泉徴収票などです。
直近2、3ヶ月のもを求められることが多いです。
そして、最後にこれが大事なのですが、配偶者の同意書です。
住民票や配偶者の所得証明書程度であれば内緒でこっそりと用意することも可能なため、後々になってそれがバレて、配偶者に返済を拒否されることを防ぐためです。

 

以上の必要書類を準備できれば専業主婦でも融資を受けることができます。
なお、これらは消費者金融の話で、銀行は総量規制とは関係ないので本人確認書類だけです。
ただし、審査は大変厳しいのではっきりいって期待はできません。

 

カードローンに申込手続きでは、申請書類に基づいた審査や会社への在籍確認が行われます。
申込書類に不備や虚偽があると審査に通りにくくなるので注意しましょう。
審査に通過すると本人確認書類が必要になります。

 

また借入額によっては収入証明書の提出が求められることもあります。
融資額が大きければ、それだけ返済能力を示す収入証明が必要になるというわけです。
限度額が大きくなるほど金利の設定は低くなるのでお得に借りられますが、借りすぎて返済不能に陥らないよう注意が必要です。
挙句の果てに延滞破産となり生活破綻したら元も子もありません。
このようなことにならないためにも、キャッシングを利用する前に試算を行い、返済金額に問題がないかしっかり検討しましょう。

 

 

専業主婦が内緒で借りる方法はコチラ