専業主婦が即日カードローンを利用するときの金利の計算方法

専業主婦のカードローン基礎知識:金利計算方法について

専業主婦にとってお金のやりくりは非常に大切なものです。
夫の収入などを元にして家計をなんとかやりくりして、その中から生活費や食費、交遊費、子供の学費、怪我や病気の通院費などを全て捻出する上ではどうしてもお金が不足してしまうことも少なくありません。

 

そういった時には消費者金融のカードローンを使うとすぐに不足額を埋め合わせることができてとても便利です。
専業主婦のような自宅を留守にするのもままならない忙しい身としては、近所のコンビニのATMでサッと借り入れできるのもとても嬉しいものと言えるでしょう。
カードローンを利用するとその瞬間からもちろん利息が発生し、借り入れ額にこの金利を加えた額が大まかな返済額となります。

 

この値がどのくらいなのかをきちんと把握しておくことは極めて大切なことと言えます。
決して消費者金融任せにしたり、成り行きに任せて返済するのではなく、こういった金利計算を常日頃からきっちりと行うことで、返済計画を入念に立てていくことが大切なのです。

 

カードローンを賢く利用するには、まず金利についての理解が必要です。
ほんのわずかな金利の差でも支払う利息が変わってくるので、返済額に大きく影響するのです。
カードローンでは一般的に変動金利が用いられており、金利設定は金融機関によっても異なります。

 

返済時の適用金利は審査の段階で限度額とともに決定します。
利用限度額が大きいほど低金利になるのでお得に借入できますが、借りすぎによる返済滞納などトラブルのリスクも高まります。
金利が高い場合でも早めに完済すれば利息はさほどかさみませんし、無利息サービスを活用して一定期間利息なしで借りるという方法もあります。

 

また一括返済や追加返済を利用すると利息負担が減り返済期間も短縮できます。
借り換え利用など大きな融資額を希望するなら銀行系カードローンがおすすめです。
比較的低金利であることと融資スピードで人気がありますが、銀行以外とくらべて審査基準はやや厳しくなっています。
インターネットでは金利をはじめ色々な情報を比較検討できるので参考になります。

 

つまり、利息を計算するにあたっては元金に金利を掛け合わせ、それを借り入れ期間で割るという計算が必要になります。
たとえば50万円が元金だとして、それを金利が17パーセントのところで借り入れ、最終的に90日間で完済したとするとこの場合は50×17パーセント÷365×60となり、利息は20958です。
また、万が一にも返済が遅れたりするとその期間分の遅延損害金が課せられることになりますので注意が必要です。

 

 

専業主婦が内緒で借りる方法はコチラ