配偶者貸付で専業主婦が即日カードローンを利用

専業主婦のカードローン基礎知識:配偶者貸付ってなに

急にお金が必要になった時に便利なカードローンですが、当然ながら利用するためには金融機関の審査に合格しなければいけません。
カードローンの審査ではさまざまな項目が問われることになりますが、お金を融資するからには資力が重視されるのは言うまでもなく、どの金融機関においても安定した収入があることが求められています。

 

したがって収入の無い専業主婦がカードローンを利用するのは、かなり困難なことと言えます。
特に貸金業法で総量規制が定められてからは、年収の3分の1を超える借金ができなくなってしまったので、無収入である専業主婦はさらにカードローンを利用することが難しくなりました。

 

ただこの総量規制には例外規定も設けられています。
その一つが配偶者貸付です。
配偶者貸付は個人の収入だけでなく、配偶者の収入と合算した金額を総量規制の対象とするもので、これを利用すると専業主婦でもカードローンを利用できる可能性があるのです。

 

ただしこの配偶者貸付を利用するためには、一定の要件を満たすことが必要です。
まず配偶者と夫婦関係であることを証明する書類の提出と、配偶者の同意があることの証明が求められます。
また場合によっては収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

 

なお配偶者貸付は手続きが面倒なうえに、大手消費者金融の多くは本人にも安定した収入を求めているため、実際に専業主婦が配偶者貸付を利用してカードローンを契約することはあまり多くありません。

 

銀行のカードローンは総量規制対象外で、無職で収入のない専業主婦にも融資を行っています。
返済にあてられるのは夫の収入のみになるため、融資限度額はさほど高いものではありません。

 

しかし家計のやりくりに役立てるには十分ではないでしょうか。
限られた限度額なら借りすぎて返済不能になる心配も少ないといえます。

 

配偶者の同意書や収入証明書も不要で借入できるので、家族に内緒で借りたい主婦にもおすすめです。
契約社員でもパートでも自分で仕事を持ち収入のある主婦の場合は、総量規制が適用される消費者金融でも申込可能です。
女性向け商品や無利息サービスなど使い勝手の良さが特徴です。

 

 

専業主婦が内緒で借りる方法はコチラ