専業主婦 カードローン 即日

専業主婦のカードローン基礎知識

専業主婦とは働いていない主婦を指します。
基礎収入がゼロであることは、カードローンを利用する上でネックになります。

 

貸金業法の総量規制によって、借りられる金額の上限は年収の3分の1に制限されています。
専業主婦は理論的に借入金額の上限が0円となり、総量規制の対象となる金融機関では1円も借りることができません。

 

総量規制の対象となるのは消費者金融やクレジットカード会社のカードローンのサービスを指します。
総量規制とならない専業主婦でも借りられるカードローンは銀行カードローンです。
ですから、専業主婦は消費者金融やクレジットカード会社のカードローンで借りることはできません。

 

しかし、全てのカードローン会社が対象となるわけではないので必ずしもお金が借りられないわけではありません。
貸金業法の総量規制が適用されない金融機関からなら借りられます。

 

夫に収入があれば借りられるので専業主婦のためのサービスも提供しています。
資金のない専業主婦がカードローンを利用したいときには、消費者金融やクレジットカード会社ではなく、銀行に申し込みましょう。

 

消費者金融系では申し込んでも審査で落とされます。

 

金融機関の審査に通過すると銀行カードとは別の専用カードを発行してもらい、銀行のATMや提携コンビニATMから、仲介手数料もなしで利用出来ます。
申込方法も簡単でネット申込なら、未経験者でも比較的操作も簡単で、画面の説明と指示に従い選択するだけで手続きが完了します。

 

銀行系は基本的な金利も安く、コースもシンプルでわかりやすいので専業主婦の利用者も増加しています。
返済も専業主婦に焦点を合わせているので、月々の額も少なく設定されています。